TOEIC

日本でグローバル展開をする多くの企業では、従業員の英語力を判断の目安として、

TOEIC(Test of English for International Communication)

の点数を重視するところが多くなってきました。その理由のひとつは、試験問題そのものが、ビジネス中心の内容になっていることかもしれません。多くの場合、TOEICといえばリスニング&リーディングテストのことを指しており、企業によっては、目標点数を課すところや、年1回の受験を必須にして、企業レベルで英語力アップに取り組んでいるところも増えてきたようです。

試験は年10回実施され、自分の希望地で受験することができるため、申込みも比較的しやすい試験といえます。ただし試験会場は基本的に自分では選べないため、リスニングのための音響や、教室の広さや机・椅子の具合など、ちょっとしたことが気になり、人によっては集中力が欠けてしまったりすることもあるようです。

試験はマークシート方式で、全200問を2時間で行うもので、前半の100問はリスニング45分、後半の100問はリーディング75分の配分になっており、この構成は毎回同じです。個人のレベルに関係なく、すべての人が同じ試験問題を受けるため、問題も簡単なものから難易度の高いものまでさまざまです。とはいえ、全問解答するには、かなりのスピードが必要で、ある程度の英語力と集中力が必要となってきます。

TOEIC点数は、最高点が990点となっており、一般的に英語上級者といわれるのは、800点あたりからですが、あくまでも試験であり資格ではないため、一度高得点を取れたとしても、それが継続的に自分の英語の実力を証明するものにはなりません。求人に応募をする場合にも、2年以内に取った点数を書くように指示される場合もあるようです。

テストを受ける時は、基本的に問題用紙に書き込みをすることは禁止されており、持ち帰ることもできません。

初めて受験する人でTOEICは少しハードルが高いと感じる人には、TOEIC Bridgeテストというのもあり、初級・中級レベルに対応しているようです。

受験対策用に、かなりの種類のTOEIC関連本や問題集も発売されていますが、実際のテストと同じ形式の公式問題集が、問題に慣れるためにはよいかもしれません。