英検

学生のうちは、ビジネス向けのTOEICよりも英検のほうが一般的のようです。数年前までは、英語は中学から必須科目でしたが、現在では小学校でも英語教育が実施されるようになっています。中学・高校・大学での入学試験や単位認定でも優遇されることから、受験者数も増加しているようです。また海外留学を希望する人にとっても、英語力を証明する資格として、認められているところもあります。さらに企業においても、二次試験で実施される面接で「話す力」が試されることから、英語力を評価する基準として、英検を採用するところも増えてきているようです。

英検は資格試験のため、TOEICとは違い、受験した級に一度合格すれば、一生その級の保有者となります。現在では、5級からスタートし、最上級は1級となり、準2級と準1級を含む全7段階になっています。5級、4級は筆記試験のみですが、3級以上は一次の筆記試験に合格すると二次試験の面接(スピーキング)に進み、合否が判定されます。上級になるほど試験時間も長くなりますが、筆記試験の後に引き続いてリスニングテストがあるため、リスニングが始まるまでに筆記をすべて終わらせておく必要があります。

試験は年3回、全国で実施され、受験地を選ぶこともできます。

英検は、過去問も販売されているため、過去の問題の傾向を確認しながら準備することができるのがよい点かもしれません。また各級別の問題集や単語・熟語の本も充実しているため、受験対策は特定の問題集や本を参考にするだけで十分なようです。また過去問を解いてみることで、自分の実力も判断することができるため、どの級を受けるべきか迷ったときには参考にするとよいかもしれません。

英検は受験終了後、問題用紙を持ち帰ることができますので、すぐに間違いやわからなかった意味などを確認することもでき、結果的に自分の英語力を高めることもできます。