英語の資格、試験にチャレンジしよう

英語の勉強を始めて、少し上達した頃、実力を試すために試験や資格と取ってみるのもよいかもしれません。企業によっては、TOEICの点数を英語の実力の目安としているところも少なくありません。実際、点数のよい人は、仕事の幅も広がり、英語ができたほうが有利となる場合が多くなってきたようです。数年前より、TOEICの試験も従来からのリスニング&リーディングテストに加え、スピーキング&ライティングのテストも実施されるようになっています。とはいえ、多くの会社では、TOEICといえば、リスニング&リーディングのみの結果を重視しており、点数がよくても実際にはほとんど話せない人も多く、慌てて英会話スクールで学び始めるという人もいるようです。

一方、学生にとっては、実用英語技能検定試験、いわゆる「英検」が、重要視されているようです。高校卒業までに2級を取っていれば、大学受験で英語の試験科目が免除になったりします。英検の場合は、3級以上は二次面接試験で「話す」ことも必要ですので、総合的な英語力を判断することができるため、実力を知るにはよい試験といえるかもしれません。